2007年5月 1日 (火)

高速道路を走る路線バス

今年3月31日をもって横浜市営バスの95系統「横浜駅西口-市が尾駅」が

廃止された事により路線バスが第三京浜を走る珍風景がまたひとつ無くなって

しまいましたが、同じ第三京浜を走る路線バスとして健在なのが東急バスの

「溝の口駅~(第三京浜道路経由)~新横浜駅」。

Au5m1bus

空港アクセスバスと違って通常の路線バスと兼用できる車両が充当

されています。

この日はトイレットペーパーを買いに行った時に手持ちのケータイで

撮影したもの。それなりの出来です。

 

このバスにはまだ乗ったことが無いので気になる路線バスのひとつと

なっております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

青春18きっぷを使えば...

今日は広範囲での移動。

そんな自分には好都合の切符が今発売されている。

http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1237

今回は5回分で8,000円だから1回当り1,600円分以上乗車する

のならグーな訳で。

 

今日の行程は東京多摩地区へ移動しその後途中下車を繰り返しながら

東京下町地区へ。そして一挙に横浜地区に移動してから帰還と言うもの。

 

最初の南武線は今年開業80周年なのでした。

1927年に川崎~登戸間が開通した事がルーツ。

南武線で活躍している205系にもヘッドマークや側面に「開業80周年」の

ラッピングが施された編成も登場。

Ca3m82051

全部で8編成にヘッドマークなどが取り付けらりれています。

遭遇頻度はそこそこ高いかもしれません。

Ca3m92052

自分で言うのも変ですが綺麗に撮影できました。

本当はもう少し前にもっと綺麗に撮影出来るチャンスがあったのですが、

ダイヤの乱れで上下線同時と発着となってしまって...

用事を先に済ませもう一度トライしたのが上の写真でした。

 

Ca3m92051200

こちらも205系。先頭車改造で登場した1200番台。

顔は新しいのですが結構古いタイプからの改造なので車内に入ると

経年進んでいる事がわかります。

 

この他にもEH200形電気機関車が通過して行ったのですがこちらは

撮影失敗。単機回送で全く撮影準備をしていなかったので撮影が遅れて...

 

そして一気に場所は変ります。

横浜へ移動する時に川崎駅のホームのLED発車案内に「特急東海」の

文字が見えました。自分の乗っている小田原行の5分後に到着する。

これならば先回りで「横浜で撮影するしかないでしょ」と撮影準備を実行。

やってきました373系が...

Ca3m9jrt373

『特急 東海』

平成19年3月17日をもって廃止になります。

『急行 東海』の格上げで特急となりましたが利用率は悪かった...

まだまだ新しい373系ですから他の用途に変更されるのでしょう。

よく考えたらまともに『特急東海』で撮影したのは今日が初めてだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

丸ノ内線02系と東海道線E217系

カテゴリーに旅行と入れてみましたが結構広範囲での移動でした。

 

朝一番で仕事移動中。

丸ノ内線02系を撮影。

地下ホームでの撮影ですのでフラッシュは御法度。

地上部分よりも安全に配慮します。

O8m22metro02

ラッシュ終了後の「茗荷谷」行。

これを撮影したら今度は「中野富士見町」行を撮影しなければならないか???

 

しかし今日は朝からこんな感じだったから自分で喋っていても実に穏やかに

話しているなと思っていました。心にゆとりがあったのかもなぁ。

 

都内での仕事も終わり次は横浜青葉区経由バス移動、緑区経由で横浜駅に。

一応仕事で移動しているのですが、バス移動などワクワクする状態に

なってしまった。

横浜駅に到着して時計を見ると「東海道線のE217系が来る時間だな」と

思いついた。こう言う事は忘れません。平塚行でやってきます。

ダイヤが少し乱れていたから逆に撮影できた東海道線E217系です。

本来なら上下線がほぼ同時刻なのでこの角度からの撮影は難しいみたい。

O8m22jre217

15両編成だからお尻まで切れない様に撮影しようとすると迫力に欠けた

感じに仕上がりますね。まあそれでも今日の収穫でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

この組み合わせも見られなくなるかぁ

移動中の一コマ。

御茶ノ水の聖橋と中央線201系のショット。

O7m24hijiri201

201系も新形式車に置換えされると言う。

毎日当たり前の組み合わせが貴重になってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

ときわ路パスを使って(その3)

常磐線水戸駅からとなりの勝田駅まで1駅乗車して茨城交通線に乗車。

今回は勝田駅から終着駅阿字ヶ浦駅まで途中下車をしながら往復します。

N3m21iba37102_1

那珂湊駅まで乗車したのはキハ3710-02号。軽快でした。

 

その那珂湊駅の車庫で暫し撮影タイム。キハ205号が休息中でした。

N3m21iba205

雰囲気良いですねぇ。

車庫にはこんなものもあります。

N3m21ibakeha600

ケハ601号の廃車体。

車庫での撮影を終えて次に終点阿字ヶ浦駅まで乗車して折り返してまた勝田駅へ

目指すのはキハ222号でした。

N3m21iba222 

こちらも雰囲気良いですねぇ。ノスタルジックな世界です。

暖房がガンガン効いていましたのでうたた寝状態でいつの間にか勝田駅に到着。

 

けど直ぐに目は覚めました。

常磐線に戻れば403系の初期型が停車しているではありませんか!!

N3m21jrekuha40174

クハ401-74です。グローブ型ベンチレーターが初期型の証。

その後水戸線で下館駅を目指す事に。友部駅での乗り換えでやってきたのは

415系1500番台でした。

N3m21jre4151500

E531系の進出で活動範囲が狭くなる403系と415系。

この1500番台は残るのでしょう。

 

下館駅に到着し再び暫し撮影タイム。

415系の珍車がやってきたようです。

N3m21jre411701

クハ411-701。サハ411-700番台からの先頭車改造車とのこと。

 

次に真岡鉄道の新車を撮影。

N3m21mooka

随分すごいデザインです。

 

そして最後の乗車となる関東鉄道へ。

N3m21kanto2200

キハ2200形。キハ2100形の両運転台版なのですね。

取手駅まで全線乗りつぶすのですが今回は守谷行きの快速に乗って、

水海道始発の各駅停車に乗り換える事に。

しかしガラッと車輌が変わってしまった。以前なら国鉄キハ30形などが

一杯だったのに...つくばエクスプレスの開業も影響していますね。

しかし最後に乗ったのはオリジナルの0形だったのは嬉しかった。

N3m21kanto000

すっかり日も暮れ夜になってしまいました。

やっと最後まで辿り着いた...しかし少しこの後加筆して修正がでるかも。

 

と言う訳でときわ路パスを使った小旅行は終了しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 1日 (月)

ときわ路パスを使って(その2)

鹿島鉄道常陸小川駅で途中下車。

そうだ忘れていた。キハ602号の運転台。

N3m21iba602desk

ワンマン対応になっています。

 

さてと常陸小川駅で途中下車したのは友人からの情報でした。

廃車になっているディーゼル機関車が留置されていると言う。

N3m21ibadd902

DD902号で調べてみたところ昭和43年に日本車輌にて製造されたとの事。

比較的新しいですが廃車済みなのでした。

ナンバープレートはないものの塗装などは綺麗な状態を保っていました。

 

次の列車を待つまでに石岡方面への折り返し列車がやってきた。

N3m21ibakr502

KR-500形で1989年に4両製造されました。

車体の長さが16メートルほどなのでコジンマリした感じがします。

 

さてと再び列車に乗って鉾田駅に向います。

鉾田駅からは鹿島臨海鉄道の新鉾田駅まで徒歩移動。

両駅の距離は近いとは言えませんが話しながら歩いていれば

何の事はない。

 

ところが...

気が付いてみれば鹿島臨海鉄道で撮影するのを忘れていた。

途中大洗駅で途中下車したものの全く撮影していなかった。

ありゃりゃです。

 

水戸駅に到着後は茨城交通の始発駅である勝田駅を目指します。

ただ連絡時間までに時間があったので暫し水戸駅で撮影タイム。

N3m21jre653

E653系によるフレッシュひたち号です。

新製直後わざわざ勝田駅まで行った記憶があります。

なかなか快適でした。

 

そして忘れちゃいけない水郡線。キハ110系列が主役です。

N3m21jre112_1

2両編成タイプです。

水郡線には新系列のディーゼルカーが投入されると言う情報があります。

まだまだ新しいキハ110系列はどこの線区に移動するのか要チェックですね。

 

やっと水戸駅まできましたが、まだ全行程の半分程度です。

次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ときわ路パスを使って(その1)

やっと茨城旅行を書く事が出来る様になりました。

 

3月21日上野駅6時3分発常磐線いわき行に乗り友人の待つ取手まで。

取手までは普通どおりの切符を買って「ときわ路パス」の入り口となる

取手から本格的に旅のスタート。

この切符は茨城県内のJR線や私鉄各社をフリーに乗ることが出来ます。

しかも2,000円です。こりゃお得。

先ずは石岡駅で途中下車をして鹿島鉄道へ。

非常に経営状態が厳しいらしく廃止が検討されているとの事。残念です。

今回は全線を乗りつぶすことが目的ではあるけど途中下車をしながらですね。

 

最初に石岡駅でお約束の様に停車中のキハ432号を撮影。

N3m21iba432

元加越能鉄道のキハ126号で1957年東急車輌製。

東武熊谷線で使われていたキハ2000形と同形です。

そして台車がこの通り。

N3m21iba432dai

検査を受けたばかりのようなので非常に綺麗な状態で撮影できました。

そして床下はこんな具合。

N3m21iba432yuka

デジカメで撮影しているので枚数の事を気にしないで色々と撮影出来ます。

 

さてとキハ600形に乗って途中下車をする常陸小川駅へ向いましょう。

ディーゼルカー機関車が留置されているとか...(友人談)

そのキハ600形とはこんな感じ。

元国鉄キハ07形で正面5枚窓を改造した車輌です。

車籍を辿っていくと1937年鉄道省大宮製と言う事になりました。スゴイ...

N3m21iba602

なんと冷房車なのですよね。

「カシテツを救え。」とのステッカーが厳しさを物語っていますが

こうやって旅行で訪れて少しでも貢献出来ればと思います。

 

                            今日はここまで  続く

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

次回予告(茨城編)

ここのところココログの状態が不安定で更新出来ずにいます。

今日は比較的良い感じになってきたので大分不具合が解決したのかな?

 

と言う事で大きく書き込む事は後日にします。

その前に予告編で茨城交通阿字ヶ浦駅で撮影した1コマを。

N3m22ajiga2 

のんびりとやっていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

「青春18きっぷ」でのぶらり旅

3月31日、東海道線を西へ向う。

金券ショップで何とかゲットした残り2回分の青春18きっぷを手にして

気まぐれ日帰り旅行に出かけた訳です。(しかし様子は急変しますが)

 

川崎駅からグリーン車に乗りました。。

結構これが快適で... たまにしか出来ませんから。

先ずは今回の目的である伊豆急8000系を撮影する事。

時刻表を手にして車庫のある伊豆高原駅を目指しました。

その途中その8000系に出会ったので撮影しやすい宇佐美駅で待つ事に。

N3m31izuku8000

正面から撮影したクハ8001号もあるのですがそれは今回割愛。

何故???撮影失敗したんでしょ!! 違います。綺麗に撮影出来ています。

ただ後追いで撮影するなんてあんまり無いから今回はこちらの方をアップ。

 

伊豆急の撮影はこちらの方を優先した方が良いでしょう。

東急から8000系が入ってくると数を減らすのだから。

N3m31izukyu200

元JR115系ですね。バックには185系も少し写っています。

こちらも宇佐美駅。今の時期なら逆光などあまり気にせず撮影できるかも。

屋根も短いので撮影は比較的簡単です。

 

熱海駅に戻り再び東海道線を西へ。

今回の目的は113系を堪能する事。その目的は充分に味わいました。

N3m31113

 

その後時間も進み夕方近くになるのでしたが、西日も厳しくないので静岡で途中下車。

静岡鉄道に向いました。

前回行った時は天気も悪く撮影も満足できるものではありませんでした。

しかしその途中で撮影しやすい駅を見つけていたので行ってみました。

しかし新静岡駅から130円で行ける。しかも6分間隔で電車はやってきます。

当日は「静岡まつり」が開催されていました。その意味を込めてこの電車を...

N3m31shizutetsu1000

東急7200系と共通設計の1000系です。

 

さてと...

ここまで来たら名古屋まで足を延ばしてみるかと悪魔の声がささやき

本当に名古屋まで行って宿泊。まぁ気まぐれもここまで来ると...

次の日開通して間もない鉄道初乗りを体験。

「あおなみ線」と名鉄の「中部国際空港」。

その中でも名鉄の空港アクセス特急2000系には感激。

N4m01_meitetsu_2000

乗っている時間も短く350円の座席指定でしたが快適でした。これはお気に入り。

スピードアップの為に車体傾斜制御をしています。従って従来の車両に比べ

制限速度も緩和されています。なかなかの結構な乗車率でした。

 

2000系は全座席指定ですが一部指定の2200系もあります。

N4m1meitetsu2200

こちらも快適です。

 

さて今日は戻らなくちゃいけない。次の日が仕事だから無理は出来ない。

ただ戻るだけではつまらないと言う訳でもないのですが、2日目も伊豆急撮影を

入れてみました。ただ熱海駅での撮影となります。

午後に伊豆高原駅からの出庫で熱海まで来る運用がありこれが8000系が

充当されているらしい。

N4m1izukyu8002

本当に来てしまった...今回は譲渡第2弾のクハ8003号以下編成でした。

一応8000系の撮影はこれでOKでしょう。 

 

そして次の撮影があります。

東海道線のE217系を撮影する事。

15時頃東京発でE217系が充当されている所を見かけた事がありました。

この電車の平塚折り返しの時を撮影すれば良いのだと平塚を目指す事に。

N4m1jre217hiratsuka

横須賀線カラーに見慣れているE217系の東海道線バージョン。

サロはトップナンバーでした。この日は天気に恵まれなかったのが残念。

 

こうやって2日間の珍道中はめでたく終了!!

しかし先日の「ひたち路旅行」よりこちらの方が先になってしまった。

次回は「ひたち路」をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

過日の静岡旅行の続き<伊東駅から再び熱海駅へ>

先日の静岡旅行の続きです。

青春18きっぷの魅力を活かしてみましょう。

伊豆急リゾート21に乗って伊東駅へ。

東急から移籍した8000系が留置されていれば良いなぁ

なんて淡い期待でしたが結果はダメでした

その代わり200系「トランバガデル」号がやってきました。

izukyu-tora

以前撮影した事がなかったし、引退も近いだろうからこちらの方が優先ですね。

その後熱海に戻る事になってやってきたのが2100系「黒船電車」。

今年3月に引退するとの事。今回は天気悪いながら運は良いのかな???

izukyu2100-kuro

車体や台車はまだ使えそうですが、足回りは老朽化かな。

確かに2101号の床下機器の一部は100系から流用されたのが判る。

izukyu2101

主制御器が古そうだもんな。仕方ないな。

 

そして色々調べているのが次の115系のクハ。

静岡運転所のS2編成のクハ600番台ですね。

反対側のクモハ115は運転台取付工事を受けた1500番台。

クハの600番台も調べたところ運転台取付改造車。

非ユニットサッシに比較的新しそうに見える運転台。

確かに取付たような跡が見えるかも。

jr-t-kuha115

再調査してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧