« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月 6日 (土)

小田急4000形<多摩急行を撮影>

毎月1度の新百合ヶ丘駅ホームからの撮影。

季節により光線の当たり具合に変化が生じます。

移動時間はいつも同じ時間だから余計に。

この日の状態はやや逆光気味。

暫くの間は撮影しづらくなるのかも。

Ca10m5odakyu50000

前面ガラスの反射が気になるところですが、

こう言う球面状ですと避けられませんね。

側面を見ると気密性が高いかなと思われます。

空気抵抗も考えられていますね。

 

一転して新4000形。

多摩急行に充当されていました。

Ca10m5odakyu40001

こちらはJR東日本E233系をベースとして製作されています。

今までの小田急通勤車は裾絞りのある事が特徴でしたが

3000形よりストレート車体となりました。

 

側面の表示器はフルカラーLEDに。

Ca10m5odakyu40002

次駅停車駅も表示されています。

LED化されて様々な情報が表示されるようになりました。

ただ自分は昔ながらのフィルム幕の方が好きです。

終点とかでクルクル回っているのは楽しいですし。

 

この4000形デビューにより1000形の分割編成が地上線用となり

5000形・5200形が淘汰されていくと言う。

2600形から始まる「小田急顔」も近いうちに見納めになりそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »